読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今宵のビール7

f:id:southg8:20170414233532j:plain


サントリー製造のセブン&アイのプライベートビール、金のビール。その特徴であるクリーミーな泡がものすごく感じられるが、味の特徴はイマイチな感じ。とにかくクリーミーな泡を感じたい人にはオススメの商品だ。



これは鈴木敏文会長時代に作られたビールで、少々いわくつきの商品と言われているという。なぜなら、ビールに関しては佐治社長時代からサントリーとタッグを組んでいるが、途中、ローソン社長だった新浪氏がサントリーの社長に就任したことで、セブンとの関係がギクシャクしたものになったといった記事を読んだが、未だに関係は切れていないようだ。



セブンのプライベートブランドは、品質の高さで知られ、他のコンビニ、スーパーの安かろう悪かろう的なプライベートブランドとは一線を画している。



パンにしろ、惣菜にしろ、なるべく添加物や保存料を使わないというポリシーが従来のコンビニのイメージを覆している。


それもこれも鈴木会長の徹底したこだわりから来ているという。鈴木会長といえば、退任の際の記者会見や、その超ワンマンぶりから、悪役扱いをされているが、徹底した顧客目線でセブンイレブンをここまでの会社にしてきたのは否定のしようがない。新製品は必ず試食をするというエピソードはとても有名だ。



プライベートブランドというとロクなものがないが、セブンのレベルはかなり高いことがわかる。ただし、ビールに関しては改善の余地ありではないだろうか。