読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好みの経年変化

バブル崩壊から二十余年、その時代の狂奔を直に体験した人から、話を聞く機会が割りと多い。先日も、その内のひとりで、「クルマと女はあたらしいに限る」とうそぶいていたような大先輩と、久々に飲んだ。

そんな彼がアテンドしてくれた店が、いわゆる大衆酒場だったのには驚いた。吉田類が現れそうな店に行くタイプでは全くないからだ。

f:id:southg8:20140110231838j:plain

健康診断で高血糖を指摘されたことを交際中の女子に告げると、連れてこられてしぶしぶ暖簾をくぐったところ、見事にはまったという。

乾杯からハイボールを注文する彼は「いや~最近こういう店が落ち着くんだよねー」とニヤニヤ。そんな年上の彼よりも老成している自信がある自分は、レオンとか熱心に読んでる紳士の気力と体力に常に脱帽していたが、永遠のチョイ悪にも終わりが来たことに軽いショックを受けてしまった。

今まさに人為的にバブルを発生させようとしてる途中だが、ポストバブルで苦い経験をした人が死屍累々としていたことを考えると、1989年あたりにいたような人種はこの日本にはもう出てこないのだろうか。