読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始の戦利品1

ここ数年、靴下は一度にまとめ買いしている。この年末年始にした数少ない買い物のひとつが、靴下だった。

最近は特に物欲がないため、靴下くらいは贅沢しようと、新宿伊勢丹で2000~3000円くらいのものを何足か買って履いていたが、デザインはいいものの、なかには意外と脆いものもあり、なんだかなーという感じだった。

そこで、丈夫と評判のタビオに乗り替えてみたものの、自分の履き方が悪いのか、売りである耐久性で満足いくことがなかった。一度ダメだと思うと、どうも買う気がしなくなってしまう。

昨今、価格=品質という式が当てはまらなくなっているものの、靴下に関しては頑なにそう信じていた。ところが、ファストファッションの台頭で、ユニクロの靴下などは、デザインはともかく耐久性では申し分がない。でも、ユニクロじゃなんだなーと思っていたところ、グッとくるメーカーのものが2つ見つかった。

その1つが、mighty soxer(マイティーソクサー)というタビオのセカンドライン。東京では購入できるところが少なく、わざわざ西新井のショッピングセンターまで出向いたこともあったが、今回はたまたま京都で購入。

f:id:southg8:20140107224240j:plain

三足で税込1050円。デザインもかわいく、5本指のものやアンゴラ混のものがあったりと、種類も豊富(写真上)。

そして、もう1つが、ジョルダーノ。香港のユニクロ?といわれるファストファッションで、日本上陸はしているが、店舗はまだ多くない。たまたま立ち寄った後楽園の駅ビルで発見。

洋服のテイストはちょっと垢抜けないものも多いが、ラックに掛かっている靴下に思わず目を奪われてしまった。

f:id:southg8:20140107224304j:plain

もともと定価が一足300円という超絶価格なのに、このときはたまたまセール中で、三足で税込525円。蛍光色がまぶしい少しサイケな感じがとてもいい(写真上)。

伊勢丹一足に満たない値段で、六足も買えてしまった。おそろしやデフレ。。日銀や政府はインフレ誘導しなくていいんでないかと思ってしまう。。