読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今宵のビール12

f:id:southg8:20170427010935j:plain



今年のゴールデンウィークも残りわずか。特に遠出はしなかったが、のんびり過ごせて近場なりに楽しい時間を過ごすことができた。特段仕事が嫌いな訳ではないが、大型連休の終わりは決まって憂鬱な気持ちになるのはどうしてかいつも思う。。



ということで、今晩飲んだビールはノーマルのプレミアムモルツ。プレミアム市場は、このプレモルが出るまで、エビスの独壇場だったが、プレモルの登場が日本のビールの勢力図を変えたと言っていいと思う。



何より万年最下位だったサントリーのビール部門がシェア3位のエビス擁するサッポロを抜いた立役者がこのプレモルで、サントリービールと言ったら、かつては80年代に流れていた椎名誠のCMや、そのCMから流れてきた「ビールを回せ〜」というフレーズしか印象になかった。子供ながらに「ビールを回せ」って何?とずっと思っていたものだった。今調べたら、この曲の作詞は仲畑貴志だったのだ!


すごい男の唄

https://m.youtube.com/watch?v=WV-zuaeyIX4


他にも、プロ野球名球会を起用したモルツ球団と言ったものもあったが、それでシェアが変わることはなかった。


それだけスーパードライ一番搾りが消費者から支持されていたということだろう。ビールは景気敏感商品に位置づけられているが、確かにプレモルが今の名前で出始めた頃は、男性誌レオンが創刊され、日本で高単価高品質な商品であるラグジュアリー市場が、バブル崩壊後デフレが定着している中で生まれ、その時期と重なる。



そのタイミングで発売されたプレモルのプレミアム感がサントリービールのブランドイメージを変えた訳だが、プレモルを生み出す労力は今得られてる結果からすると、大した労力ではなかったのでないかと思う。



仕事は、こうしたちょっとした発想の転換や行動によって劇的にいろんなことが思わぬ方向にガラッと変わっていくのではと改めて思った。

今宵のビール11

f:id:southg8:20170421235002j:plain



普段は毎晩1本しか飲まないようにしているが、今日はもう一本いってしまった。言わずと知れたNo. 1ビアーのバドワイザーだが、製造元のアンバイザーブッシュの親会社は、ベルギーを本拠とするアンバイザーブッシュインベブで、世界のビールの覇権を握るべく日々世界各国のビール会社のM&Aに勤しみ、世界のビールシェアの3割を握っている。




ところが、このバドワイザー、世界の市場が成熟して行くにしたがって、そのライトな味わいがそれほど好まれず、もともと国産ビールメーカーの牙城である日本では、セブンイレブンといったところでしか見かけないほど、レアなビールだ。



自分にとってバドワイザーは、そんなワールドワイドな市場の話とは全く関係のないところで、とても深い思い出のあるビールだ。



東京の城北地区の中学に通っていた今から25年ほど前のこと。学校はその土地柄もあって、それほど柄のいい学校ではなく、今でも生存しているのかどうかはしらないが、一部の男子はボンタンを履き、粋がっている生徒の多い学校であった。



そんな自分は、野球部という学校内で割りと幅を利かせていた部活に所属していて、いわゆる悪いとされる部員もいたため、部活帰りにはバドワイザーで喉を潤すことが多かった。それまでビールなど飲んだことがなかったので、もちろん初めは抵抗があった。なぜバドワイザーだったかというと、バドワイザーはほぼノンアルコールだから大丈夫だみたいなことが普通に言われていたので、皆気にせず飲んでいて、ずっとそれを鵜呑みにしていたのだが、改めてラベルを確認すると、ノンアルコールどころか普通に5%アルコールが入っていることを今さら知った。でもそれだけバドワイザーはライトなビールだと認識されているということなんだろう。バドワイザーを飲むたびにそんな昔のことが思い出される。

今宵のビール10

f:id:southg8:20170427003413j:plain


限定醸造で、昨年も発売されたサッポロビール黒ラベルのエクストラブリュー。今キャンペーンをやっていて、割といろんなところでみかける。



黒ラベルは、家人が好きでよく飲んでいるのだが、自分的には後味がそれほど好きではないので、正月の箱根駅伝を見ながらしか飲まない。でも、このエクストラブリューはすっきりしていて後味もスタンダードなものに比べてまったく引っかかりがないので、とても好きだ。




ちなみに、限定醸造の商品をよく見かけるが、限定にする理由ってなんなのだろうか。今度調べてみたい。


今宵のビール9

f:id:southg8:20170422230225j:plain


ヤッホーブリューイングの、僕ビール君ビール。ローソン限定商品のため、なかなかレアなビールだが、気の緩んだ休日につい買ってしまう。


新鮮な果実のようなアロマとキリリときいたポップの苦味が売りとのことだが、確かにうちのオヤジ世代が飲んだら、なんじゃこれって思わせるような新しさのある味わい。とても爽やかで濃密で自分的には好みだ。


ビールもこれぐらいドラスティックにやったほうが面白いと思うのだが。。

日曜のオフィス街

f:id:southg8:20170423120142j:plain


金曜に続いて品川港南口に来たが、ウィークデーの賑わいと比べると、その閑散ぶりがものすごくいい感じである。



年とともに人混みが苦手になっており、特に不特定多数が集まる渋谷、新宿、池袋に行くのがしんどくなっている。



その点、品川のメリハリぶりは、とても貴重だ。かつては、丸の内も土日は閑散としていたが、今や丸ビルなどができショッピングの街になってしまったため、土日違わず盛況である。土地活用や不動産投資の点では正しいのだろうが、少し寂しい。



今真の意味でオフィス街オンリーなのは、品川以外だと、兜町、四谷・半蔵門界隈、八重洲、神田界隈、赤坂見附溜池山王界隈、虎ノ門・内幸町・神谷町界隈、大崎、天王洲あたりだろうか、とにかく数が少ない。



土日のオフィス街にあるカフェでの仕事や読書ははかどるので、その火を消さないでほしいところだ。

夜のプロント

f:id:southg8:20170421191315j:plain


昨晩、品川での打ち合わせの帰り、少し本でも読んでから帰ろうと思ったものの、それにふさわしそうなカフェはどこも混んでてさまよい歩いてたところ、コクヨホールの隣の日新ビルにあるプロントが空いていたので、入ってみた。



こうしたカフェで時間をつぶすのが好きだが、プロントの優先順位は自分の中であまり高くない。やはり、ドトールやスタバがあったら、そっちにいってしまう気がする。



ただ、今回夕方のプロントに入ってみて、この店のいいところというか、面白いところがわかった。




夜はバータイムであるのは知っていたのだが、このシステムもほかのカフェにはないものだ。しかも、19時までのハッピーアワーに当たったので、プレミアムモルツのジョッキが390円だったり、タコブツをアボカドとわさびで和えたもの、三元豚のローストが乗ったポテトサラダといったちょっと気の利いたツマミが同じような値段で食べられるのだった。軽くお茶のつもりが、結局2000円以上も使ってしまった。でも、安居酒屋並みである。


http://www.pronto.co.jp/sp/menu/barset/003038.html?transfer=pc_to_mobile


なので、ちょっと酔いながら読書ということになってしまったが、とても心地の良い時間を過ごすことができた。



しかも、この日新ビルのプロントのしつらえがちょっと驚くくらいのレベルのもので、写真にあるバーカウンターなどは、ホテルのそれと遜色ないくらいで、女性のひとり客がお酒を楽しんでいる光景はとてもプロントとは思えなかったということで、このプロントは自分の中で穴場認定をした。海外ではありえないくらいのコスパのよさだ。チェーン店だけど、外国人向けガイドブックに載せるの意外とありな気がする。     





なぜこのプロントは特別感があるのかというと、同じビル内にプロントの本社があるからということと関係があるのだろうか。他店のプロントもこのレベルの空間だったら、もはやカフェの域ではなくなるのではないだろうか。完全にプロントのことを侮っていた。

今宵のビール8

f:id:southg8:20170418231831j:plain


今晩のビールは、春限定のオリオンビール





沖縄料理にはオリオンビール、中華料理には青島ビールといった組み合わせ以外飲むことの少ないビールだ。


今宵のビール7

f:id:southg8:20170414233532j:plain


サントリー製造のセブン&アイのプライベートビール、金のビール。その特徴であるクリーミーな泡がものすごく感じられるが、味の特徴はイマイチな感じ。とにかくクリーミーな泡を感じたい人にはオススメの商品だ。



これは鈴木敏文会長時代に作られたビールで、少々いわくつきの商品と言われているという。なぜなら、ビールに関しては佐治社長時代からサントリーとタッグを組んでいるが、途中、ローソン社長だった新浪氏がサントリーの社長に就任したことで、セブンとの関係がギクシャクしたものになったといった記事を読んだが、未だに関係は切れていないようだ。



セブンのプライベートブランドは、品質の高さで知られ、他のコンビニ、スーパーの安かろう悪かろう的なプライベートブランドとは一線を画している。



パンにしろ、惣菜にしろ、なるべく添加物や保存料を使わないというポリシーが従来のコンビニのイメージを覆している。


それもこれも鈴木会長の徹底したこだわりから来ているという。鈴木会長といえば、退任の際の記者会見や、その超ワンマンぶりから、悪役扱いをされているが、徹底した顧客目線でセブンイレブンをここまでの会社にしてきたのは否定のしようがない。新製品は必ず試食をするというエピソードはとても有名だ。



プライベートブランドというとロクなものがないが、セブンのレベルはかなり高いことがわかる。ただし、ビールに関しては改善の余地ありではないだろうか。





今宵のビール6

f:id:southg8:20170404234103j:plain


今晩はオリオンビールの数量限定の琉球マイルド。イングリッシュスタイルのマイルドエールとのことで、褐色のほのかに甘めなビールで、マイルドな味わい。好みが別れるとこだが、食後に軽くビールを楽しみたいときにぴったりかと。



オリオンビールアサヒビール傘下だが、沖縄色を全面に出したビールを展開。ライトなビールが多く中国、台湾やシンガポールあたりで生産されているビールにテイストが近い気がする。ただ、残念なのが第3のビールにまで手を出していること。




ビールの消費量が年々低下するなか、税制面で有利な第3のビールが消費者から支持を得ているのはわからないでもない。そこに活路を見出すメーカーのやり方もわからないでもない。飲み慣れていないせいか、どうしても味が似て非なるものにしか思えず、一度飲んで以来、一度も口にしていない。好んで飲んでいる人のことは否定しないが、子どもビールにアルコールが添加されたとしか思えないのだ。



それはもちろん安いほうがありがたいが、もしビールがないなら無理して第3を飲もうとは思えず今に至っている。ただ税制の問題なので、原価からするとどちらもそれほど変わらないのだろう。であれば、本物のビールを飲みたいのが普通の感覚ではないか。ビールが減税されれば、自然と第3のビールというものがなくなって行くのだろうか。



最近ニュースで知ったのだが、中国でもビールの消費量は激減しており、華潤、青島という二大メーカーの利益率も激減しているという。その理由は、習近平による綱紀粛正政策で官僚への接待が激減したこと。それと、ワイン、ウイスキーなど、経済発展とともに選択肢が増えたことにある。中国のビールはライトなものが多く、それが飽きられ、その反動で価格の高い海外のものが好まれているという。スーパードライなどが人気があるとのこと。



日本だけでなく世界的にビールの消費量が減っていて、そのため、生き残りをかけたM&Aが頻繁に行われている。人口減少に転じている日本と違い、中国でビールの消費が下がっているのが、実に意外だった。問題の根っこはどこにあるのだろうか。


ビールが景気敏感銘柄であるなら、一刻も早くビールの減税を実現して、ビール市場を盛り上げてほしい。



http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ12H5I_S7A410C1000000/

今宵のビール5

f:id:southg8:20170410233137j:plain


シリア、北朝鮮と国際情勢が緊張感を増しているが、日本で暮らしているとその緊迫感がいまいちないのは戦後教育の弊害などとライトな方面から指弾されそうなので、今晩のビールくらいはライトなやつではなく、日本のクラフトビールの火付け役となったヤッホーブルーイングのよなよなエールにした。




このヤッホーブルーイングは、星野リゾートの星野佳路社長がアメリカ留学時代に触れたクラフトビール文化を日本にもということで作った会社だそうだ。


経営は最初からうまくいったわけではなく、廃棄しなくてはならないほど苦戦した時代もあったそうだが、販路を拡大して行くうちに徐々にファンを広げていった結果、今があるという。



星野リゾートの快進撃はいうまでもないが、先日発表された大阪・新今宮駅前でのホテル開業発表は、驚きの反応が多方面であったようだ。あえての新今宮に、サラリーマン社長では決断しえない星野社長の凄みを感じることができる。そんなニュースを思い出しながら味わった。


今宵のビール4

f:id:southg8:20170407034949j:plain


今晩は打って変わって、キリンクラッシックラガーを飲んだ。普通のラガーでさえクラッシックなのに、クラフトビールが隆盛となった今となっては、ショーケースに置かれているだけで奇跡に近いか。



でも、赤羽あたりにありそうな昭和風情の居酒屋に若い女子が集うそうなので、根強く生き残りそうでもある。




味わいはまさに昭和の瓶ビール。親戚の酒飲みのおじさんが晩酌してたあのビールの味だった。


今宵のビール3

f:id:southg8:20170403234757j:plain


いつまで続くかわからないが、毎晩飲んだビールを記録しておこうと思っている。できる限り、同じ銘柄を載せないようにしたい。




で、今晩は昨日の東京クラフトに続き、同じくサントリーで、京都工場である京都ブルワリー謹製、千都の夢。




サントリーは、昨日の東京クラフトの武蔵野ブルワリー、今日の京都ブルワリー、九州熊本工場の三箇所でビールを作っている。なぜか、九州熊本工場だけ、●●ブルワリーではない。



http://mobile.suntory.co.jp/factory/?transfer=pc_to_mobile&ke=hd



この千都の夢、自分の中では最近ヒットなビールでかなり消費している。安売りで知られるイオン系のまいばすけっとに置かれているので、なおさら買ってしまう商品だ。




確かアルコール度数が6パーセントとか若干高いので、ガツンとくるかと思いきや、非常に飲みやすく、これもまた食事のともにというより、単体のほうがこのゴールデンエールの味わいが楽しめる。



今宵のビール2

f:id:southg8:20170406003141j:plain


今晩飲んだのは、サントリークラフトビール、東京クラフトのペールエール。これは、半世紀以上東京でビールを作り続けている府中にあるサントリーの工場、武蔵野ブルワリーによるもの。ユーミンの曲で有名なところです。





フルーティなものが多く、飲み口が軽く香りもいいので、クラフトビールは女性好みではないだろうか。街にはクラフトビールを出す店が増えつつあり、日本でもクラフトビール文化が本格的に広まりつつあるが、いかんせん、けっこういい値段をとるので、ガブガブとはいけないのである。


缶といえども、価格に付加価値乗せ過ぎではと思われるものがほとんどで、毎日飲むには適していない。それと、日本の重厚感のあるビールに慣れているため、食事との相性はあまり良くない、自分的には。やっぱりビール単体で楽しむもののような気がする。



大手メーカーがクラフトビールに乗り出したのは、アメリカのクラフトビール文化に触発された星野リゾートの星野佳路社長によるヤッホーブルーイングの成功や、ビール消費の落ち込みなど国内市場の縮小による危機感といった、さまざまな要因があるようだ。



このサントリーの東京クラフトのように、自社工場で作っているものもあるが、キリンのようにクラフトビールの本場アメリカの会社やヤッホーブルーイングと資本提携しているところもあるようだ。自社で手がけるのではなく、すでに作ってる会社のブランドを名乗り、工場で作らせる形をとっている。こうしてクラフトビールの消費量が増えることで、価格もこなれてくるとありがたいのだが。。



国内シェアだけでは将来的にシュリンクしていくのは目に見えているので、大手の目線は海外市場に注がれ、M&Aに精を出しているが、欧米の巨大メーカーとの差は埋めがたいものがあるのが現状だ。




数年後にはビールが実質減税されるはずなので、ビール好きとしてはそれに期待したいところだが、クラフトビールはフレーバーをつけるのに混ぜものをしてるので、厳密にはビール扱いではないのだ。。いずれにしても、ビールの消費が増えて、うまいビールがしこたま飲めるような状況になってくれるとほんとにいいと思う。





今宵のビール1

f:id:southg8:20170403234144j:plain


基本あまり外に飲み歩かなくなったので、毎晩必ず缶ビールを飲んでいる。といっても、1本、飲んでも2本程度だ。こんな生活を1年ほど続けて気づいたのが、大手ビールメーカーでも、スーパードライ一番搾り黒ラベルなど、スタンダードな銘柄がある一方で、季節ごとに限定商品を投入していること。そして、最近は、やたらクラフトビールといわれるものが数多くリリースされているのだ。


かつて毎晩のように飲み歩いていたころは、酒は強くないものの、ウィスキー、ワイン、日本酒、焼酎となんでも飲んでいたが、ここのところ、飲んでいて多幸感が得られやすいのは、やっぱりビールだなと思っている。




ということで、今宵のビールは、キリン一番搾りの若葉香るポップという季節限定商品。ただ、花粉症のため、それほど香らなかったのが残念。鼻が通っている日に再チャレンジしたい。

愛用のタンブラーを再購入

セブンイレブンの真空タンブラーを愛用していて、もう一つ欲しいなと思いながらも、セブンイレブンによるたびに探しても、なかなか置いてあるところがなかった。



f:id:southg8:20170402213952j:plain



あまり売れていないのだろうかと思っていたところ、とあるセブンでなんと30%引きで売られていたのだった。速攻でレジに持っていったのはいうまでもないが、こんなにシンプルで使い勝手がよく値段がこなれているものが売れていないなんて、信じられない。




実用性があっていいもので売れていないものをたくさん知ってるが、なんで売れていないかというと、ほとんどはその存在が知られていないだけのような気がする。プロモーションにお金をかけるほど儲けがあるわけではないだろうから、爆発的に売れることがない。せいぜい知る人ぞ知る的になってしまうんだろうが、このタンブラーはそれで廃番になってしまうのはすごく惜しい商品だとつくづく思うのだ。